個別クレジット契約のクーリング・オフ

2014.10.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

個別クレジット契約で購入をしたものでもクレジット
契約を解除すれば、契約を解消することが出来ます。
個別クレジット契約はクーリングオフを行うことがで
きますが、行うときは注意する点があります。手続き
としてはクレジット会社に特定記録郵便や、簡易書留
で通知することが大事です。この特定記録郵便や簡易
書留であることがとても大事で、手続きをきちんとし
ている証拠になります。書き方については見本がある
のでそれにそって書いていけば問題ない文章になりま
す。解除できる期間があるので、購入する前に期間に
ついてはきちんと確認しておくことが大事です。また
販売会社にも同じような通知をしておくとさらに安心
です。販売会社への通知はクレジット会社が行います
が、一応送っておくことが大事です。ですが必ず販売
会社に通知を送らないといけない場合もあります。そ
れはすでに頭金を入れている場合です。またクレジッ
ト契約で工事や施工が行われている場合などは原状回
復をしなければいけないので、販売会社への通知が必
要です。後々トラブルにならないようにするために通
知を送る前にハガキの表裏をきちんとコピーをとって
証拠を残しておくことが、トラブルを最小限にするこ
とが出来ます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。