過量販売の個別クレジット契約の申込の撤回等

2014.10.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消費者トラブルの中でも特に多いのが悪質商法による
ものです。悪質商法によるトラブルに関しては以前か
ら対策が行なわれていますが、その手法は実に多岐に
わたっています。特に近年では高齢化の影響から、こ
のような悪質商法に引っかかってしまう高齢者が消費
者トラブルに巻き込まれてしまうケースが非常に増え
ています。
そこでこのような状況を改善するための手段として、
平成20年6月に特定商取引法および割賦販売法が大
幅に改正されることになりました。特に特定商取引法
の改正では、消費者トラブルの中でも特に多い取引類
型を定めることによって、それらの特徴に応じた行政
の対応の規定や民事上のルールを取り決めています。
また、クレジット販売を行なうことの多い悪質商法へ
の対処法としてクレジット取引のうち一定の分割払い
に関する民事上のルールや行政の対応の規定を取り決
めています。
悪質商法の中でも特に目立っているのが過量販売とい
われるものです。一度その商品を購入した消費者に対
して常識では考えられないほどの商品を強引に購入さ
せる販売方法をとっているため、気の弱い人や判断力
が低下してしまった高齢者の被害が非常に増えています。
その結果、大量の商品とともに高額のローンが残って
しまうことになるのです。そこでこのような被害に遭
ってしまった人を救済する手段として個別クレジット
契約の撤回をすることが法律の改正によってできるよ
うになったのです。改正前での法律ではすでに支払っ
てしまった分の代金に関しては返還についての規定が
なかったのですが、法律が改正されたことですでに支
払ってしまった代金に関しても返還を求めることが可
能になったのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。